水田除草

水田除草に興味を持ち「ブラシローラー型水田除草ロボット」の試作と実験を行っています。   農業経験の無い素人の私が見聞きした田圃の話も書いてみます。

開発

開発母体を募集します

「秋田式水田ロボット除草機」の開発母体を募集しています。

yokonaga

1.秋田式水田ロボット除草機とは
ホバークラフトの原理で浮き、ブラシローラーで初期除草を行う自動走行型のロボットです。 ブラシローラーで田んぼを掻いて発芽直後の雑草を水に浮かせて枯死させることで、無農薬水稲栽培にとって最大の課題である「除草の苦労」を大幅に軽減します。 同じブラシローラの回転によって水田内を縦横斜め自在に走行して、除草を行いながらも稲へのダメージが小さいという特徴を持っています。

2.これまでの開発経緯

●2010年の農家さん聞き取り調査にはじまり、2014~2015年度は農林水産省の「攻めの農林水産業実現に向けた革新的技術緊急展開事業」(うち産学の英知を結集した革新的な技術体系の確立)に採択され、秋田県立大学の保田先生を研究代表者として研究を続けています。

●県立大学の実験圃場及び大潟村、山形県庄内地方の営農圃場で実証試験を行い、実用的な除草効果を確認しました。

●また、GPSによる自動走行試験も進めて、水田内を自動で走り回って除草を行う装置を目指しています。

●活動の様子はブログで紹介しています。
ブログ名 「水田除草」

走行の様子(動画)はこちら(youtube)をご覧ください。

最新のパンフレットはこちらからダウンロードできます。

●現在、最終年度の成果報告を進めながら来年度以降の研究資金獲得を模索しているところです。

●一方でこの2年間、ものづくり側のマンパワー不足を痛感して来ました。 今後は、仕様決定、設計、部品加工、組み立て、試験評価に必要なマンパワーと、開発を継続できる資金を確保する必要を感じています。

最速で開発と研究を進める方法は、必要な経営資源を既にお持ちの企業に開発母体となっていただくことと考えています。 私も一緒に全力で取り組みます。

国内企業の皆さん、是非ご検討をお願いします。


3.社会の課題と市場性について

無農薬米を食べたい消費者が居て、そのお米を供給する農家さんが居ます。 無農薬で栽培したお米のニーズは供給を上回っていると聞いています。 無農薬水稲栽培に取り組む農家さんにとって、最大の課題が雑草対策であることは間違いありません。

さまざまな雑草対策をかいくぐって発芽して来る草は、収量に影響しない範囲まで取り除く必要があります。

一方で高齢化の影響により田圃に入って除草作業を行い得る人材が不足し、いずれは無農薬栽培を諦めなければならないと言う農家さんもいらっしゃいます。

「この機械、早く作らねば誰も薬なしで米作れなくなる。」
「自分の息子にすら辛い除草作業をさせられない、これなら若い人も続けられるだろう。」 

6年間の取り組みの中で聞かせていただいた農家さんの声です。 少しでも早く製品をお届けしてお役に立ちたいと考えています。

既存の除草機械の販売台数及び農地資料から、市場規模は100台/年程度と考えています。

お米の消費者、生産者共に「条件が整えば購入したい(取り組みたい)」とする声があり、成長余地があると考えています。

将来的に、より小規模の田圃や中山間地で使いやすい製品を揃えることも考えます。

  今井 淳容  お問い合わせフォーム




本件、TAMA試作ネットワーク様に相談したところ、公益性が高いとの評価をいただき、以下のURLで募集案内を掲載してくれています。
URL  http://tsubasa7.com/tama/160107-2/



ブログ「水田除草」はブラシローラー型水田除草ロボット開発に挑戦しています。



この記事は「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業(うち産学の英知を結集した革新的な技術体系の確立)」に採択された「秋田式水田ロボット除草機の実用化と実証試験」に係る活動又は成果についてお知らせしています。



開発体制強化を模索中

営農圃場を含む実証結果は実用的な効果が認められたと考えています。 また、自律走行を含む必要な技術について未完成ながら実現可能であることを実証出来ました。
運用の方法など工夫の余地もあり、よりお役に立てる機械にして、提供出来るよう頑張りたいと思います。

一方で、試作・開発に係わる人員不足が明らかになったと考えています。 関心を寄せてくれる方々も増え、様々なご要望に応えるために体制強化の必要を痛感します。 自律走行のブラシアップを続けながらですが、体制強化についてアドバイスを頂きながら進めているところです。

調べるうちに、この先の開発段階には「死の谷」と呼ばれる有名な障壁があることを知りました。

  ベンチャ一企業における「日本型死の谷 」の考察
  http://www.jaist.ac.jp/coe/library/jssprm_p/2006/pdf/2006-2G21.pdf

  日本の製造業におけるイノベーションの課題
  http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/gijyutu/014/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2009/07/30/1282612_001.pdf

沢山のご声援を頂いており、頓挫するようなことは許されないと思います。

今後、益々多くの方々にご支援・ご協力いただきながら進める前に、お客様の存在を確認することも重要な使命ですし、約束通りに試作を進めてお届けし、運用結果を確認して改良出来る体制を整える必要を感じています。 先に伸びる枝葉の詳細は公開出来ませんが、下図のようなマインドマップを使って模索中です。

MM-fig
 
数人の協力者を集めてスタートアップするよりも、企業さんとのコラボレーションがミッション達成の近道だろうと考えています。

ただいま開発母体を募集中です。

アドバイス等、お寄せいただければ幸いです。


ブログ「水田除草」はブラシローラー型水田除草ロボット開発に挑戦しています。







 

アオミドロ

 水田に発生する緑色の藻です。 手に取ると髪の毛のように細くまっすぐな藻です。

  アオミドロ? アミミドロ?
  http://ameblo.jp/minapa/entry-10559058761.html

発生すると「遮光効果によって雑草を抑える」と書いている所もあれば、遮光により田圃の温度が上がらず稲の育成に悪影響と書いている場合もある。 地域によっても評価が違うのかも知れません。 田圃を干してからは肥料になるらしいし、水田雑草としてはあまり脅威にならないイメージです。

しかし、このアオミドロ「ブラシローラー型水田除草ロボット」には脅威になるかも知れません。 ブラシの先端に絡み付きそうです。 藁屑や有機資材などはブラシの弾力で跳ねのけられて気に成りませんが、アオミドロはまずいように思います。 ブラシに絡み付き、水分を含んで重いアオミドロが稲の葉に被さると、稲を倒してしまいます。

「3日に一度走らせればアオミドロも増えない」と言ってくれる農家さんもいらっしゃいますが、確かめるまで心配です。

アオミドロは既存の除草機にも障害になりますが、ブラシローラーを頻繁に走らせることでアオミドロも抑えられれば良いのですが・・・

全幅



















「水田除草」ブログは新型水田除草装置開発の様子を紹介しています


リンクはご自由に!

 このブログ及び各記事へのリンクは、ご自由にお貼り下さい。
事前連絡は不要です。 この記事へのコメントの形で事後報告頂ければ嬉しいです。 私もリンク元にお邪魔して勉強させて頂きたいと思います。

 引用の範囲を超えて各記事の全部または一部、あるいは画像を二次利用される場合は、念の為この記事へのコメントの形で御相談下さい。

 このブログ内の記事及び画像の著作権は、私またはリンク先等元々の著作権者にあります。

 このブログからのリンクでご迷惑をお掛けしている場合は、この記事または当該記事へのコメントの形でお知らせ下さい。 速やかに対応させて頂きます。

以下のE-mailアドレスでも受信可能ですが、メールチェックは不定期です。
予めご了承ください。
e-mail


「水田除草」ブログは新型水田除草装置開発の様子を紹介しています


ヒエと深水

 Webで「ヒエは深水にすると発芽しない」と聞きかじり、農家さんに聞いたことがあります。

「そうそう、深水は効くよ! ヒエにはな!」
「だけど、前に失敗したことがあるんだ、深水は水を落とすまでずっと続けないと駄目なんだ」
「除草期間の終わり、今頃(7月下旬でした)で水を下げたら酷い目に遭った」
「あれは結構長い間、いつでも生えて来るんだ」

この農家さん、「酷い目に遭った」とニコニコしながら教えてくれます。 「好きこそ物の上手なれ」とはこのことかと思います。 お会いした農家さんは皆さん親切に教えて下さいます。 ありがとうございます。

私には農業は出来そうもありませんが、ブラシローラー型水田除草ロボットでお役に立ちたいと思います。


機械除草における水稲生育前半の水管理法
http://www.pref.shimane.lg.jp/nogyogijutsu/tayori/index.data/118-2.pdf

ホバー斜













「水田除草」ブログは新型水田除草装置開発の様子を紹介しています


プロフィール
ホーム   メインテーマ




>>> 事業推進グループ <<<

秋田式水田ロボット除草機


>>> 初期試作推進企業 <<<

株式会社ダイワ



=== 協力企業様 ===

黒瀬農舎

株式会社秋田テクノデザイン

MEP株式会社

有限会社根本製作所

コーア株式会社
ブログ内 記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
内部リンク 他
---- 初 心 ----

ブログ立ち上げ

アイガモロボット


==== 提 案 ====

ブラシローラーの提案

ホバーボードの提案

歩行型ブラシローラーの提案


--- お 知 ら せ ---

最新パンフレット

取り組み履歴

報道関連記事リンク

2015 除草試験インデックス

需要調査 切望される機械

展示・説明会の様子

チラシと展示パネル

夏の実験まとめ

サイトマップ(記事一覧)

リンクはご自由に!


↓ コメント待ってま~す ↓

メールアドレス、URL、両方空欄で投稿出来ます。

内容確認後に公開します。

記事に関するコメントは原則公開

本文に非公開の意思表示があるコメントは公開しません。

詳しくは、こちら




水田除草 宛てBlogMail


--- ご了承下さい ---

注意して記事を書いていますが、記事及びリンク先の情報による不利益について、一切責任を負い(負え)ません。
Google カスタム検索
Loading

当ブログの外部リンクの内、農業関連サイトのコンテンツを横断検索します。
Twitter
更新情報+αを配信中!

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

Atsuhiro Imai

バナーを作成

  • ライブドアブログ