水田除草

水田除草に興味を持ち「ブラシローラー型水田除草ロボット」の試作と実験を行っています。   農業経験の無い素人の私が見聞きした田圃の話も書いてみます。

研究

開発母体を募集します

「秋田式水田ロボット除草機」の開発母体を募集しています。

yokonaga

1.秋田式水田ロボット除草機とは
ホバークラフトの原理で浮き、ブラシローラーで初期除草を行う自動走行型のロボットです。 ブラシローラーで田んぼを掻いて発芽直後の雑草を水に浮かせて枯死させることで、無農薬水稲栽培にとって最大の課題である「除草の苦労」を大幅に軽減します。 同じブラシローラの回転によって水田内を縦横斜め自在に走行して、除草を行いながらも稲へのダメージが小さいという特徴を持っています。

2.これまでの開発経緯

●2010年の農家さん聞き取り調査にはじまり、2014~2015年度は農林水産省の「攻めの農林水産業実現に向けた革新的技術緊急展開事業」(うち産学の英知を結集した革新的な技術体系の確立)に採択され、秋田県立大学の保田先生を研究代表者として研究を続けています。

●県立大学の実験圃場及び大潟村、山形県庄内地方の営農圃場で実証試験を行い、実用的な除草効果を確認しました。

●また、GPSによる自動走行試験も進めて、水田内を自動で走り回って除草を行う装置を目指しています。

●活動の様子はブログで紹介しています。
ブログ名 「水田除草」

走行の様子(動画)はこちら(youtube)をご覧ください。

最新のパンフレットはこちらからダウンロードできます。

●現在、最終年度の成果報告を進めながら来年度以降の研究資金獲得を模索しているところです。

●一方でこの2年間、ものづくり側のマンパワー不足を痛感して来ました。 今後は、仕様決定、設計、部品加工、組み立て、試験評価に必要なマンパワーと、開発を継続できる資金を確保する必要を感じています。

最速で開発と研究を進める方法は、必要な経営資源を既にお持ちの企業に開発母体となっていただくことと考えています。 私も一緒に全力で取り組みます。

国内企業の皆さん、是非ご検討をお願いします。


3.社会の課題と市場性について

無農薬米を食べたい消費者が居て、そのお米を供給する農家さんが居ます。 無農薬で栽培したお米のニーズは供給を上回っていると聞いています。 無農薬水稲栽培に取り組む農家さんにとって、最大の課題が雑草対策であることは間違いありません。

さまざまな雑草対策をかいくぐって発芽して来る草は、収量に影響しない範囲まで取り除く必要があります。

一方で高齢化の影響により田圃に入って除草作業を行い得る人材が不足し、いずれは無農薬栽培を諦めなければならないと言う農家さんもいらっしゃいます。

「この機械、早く作らねば誰も薬なしで米作れなくなる。」
「自分の息子にすら辛い除草作業をさせられない、これなら若い人も続けられるだろう。」 

6年間の取り組みの中で聞かせていただいた農家さんの声です。 少しでも早く製品をお届けしてお役に立ちたいと考えています。

既存の除草機械の販売台数及び農地資料から、市場規模は100台/年程度と考えています。

お米の消費者、生産者共に「条件が整えば購入したい(取り組みたい)」とする声があり、成長余地があると考えています。

将来的に、より小規模の田圃や中山間地で使いやすい製品を揃えることも考えます。

  今井 淳容  お問い合わせフォーム




本件、TAMA試作ネットワーク様に相談したところ、公益性が高いとの評価をいただき、以下のURLで募集案内を掲載してくれています。
URL  http://tsubasa7.com/tama/160107-2/



ブログ「水田除草」はブラシローラー型水田除草ロボット開発に挑戦しています。



この記事は「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業(うち産学の英知を結集した革新的な技術体系の確立)」に採択された「秋田式水田ロボット除草機の実用化と実証試験」に係る活動又は成果についてお知らせしています。



風に弱い?

 ブラシローラー型水田除草ロボットは風に弱い(風に流される)可能性があります。 ホバーボードで水面に浮いていますから、風に抗する力は田圃の泥を掻くブラシだけです。 ブラシローラには(今の予定で)約3000本弱のブラシがあり、その内500本程度が泥に接しているはずですから、推進力としては問題ないだろうとと思われます。 また、ある程度までは風に抗するように軌道修正できるはずです。 「ある程度まで」でですから、風が強まれば限度を超えて思い通りに走れない状況が予想されます。

ブラシを増やすとか、風を受け流す形状にするとか、対策は考えられますが、必ず限界があります。

その限界が実用的な範囲なのか、そんな心配があります。


試作を進めながら考えます。

ホバー斜













このブログ 水田除草 は新たな水田除草機械研究を紹介しています


これまでに試したロッド(丸棒)

 これまで、実験の為に何種類かのロッド(丸棒)を試しました。 竹ヒゴ、ABS樹脂、ポリエチレン、ポリプロピレンなどですが、目的にあった直径と長さのロッド(丸棒)が手に入るものは限られていました。 ブラシローラー型水田除草機が認められて、それなりの数を作るようになれば、既成品で無くても加工してもらえるので選択肢が広がると思います。

最初の試作の写真にある浮力体や、夏の実験2に写っているホイールを除き、ブラシのロッド(丸棒)に限定して実際にブラシローラーに組み立てたものは、アクリルと、モリカポールと言うガラス繊維を樹脂で固めたロッドです。 アクリル丸棒はホームセンターでも手に入りますが、量が多いので通販で購入しました。

バンビ株式会社 製 モリカポール
http://www3.ocn.ne.jp/~banbi/banbi_pole.html

はざいや  アクリル丸棒
http://www.hazaiya.co.jp/category/akuriru_maru.html


PET樹脂を試したかったのですが、直径2mm位の丸棒を見つけることが出来ませんでした。(残念)


天然素材の竹ヒゴも気に入っているのですが、田圃で水分を含んだ時や冬の乾燥に耐える得る取り付け方法が思いつきません。 樹脂なら接着で何とかなると考えています。

全幅



















このブログ 水田除草 は新たな水田除草機械研究を紹介しています


一休み: ドン菓子和風シリアル

 ドン菓子(ボン菓子)はご存知の通り、お米を穀類膨張機で加熱しながら圧力をかけ、急激に減圧して作るお菓子です。 減圧時の音が派手なのと、懐かしむ人を呼べる為イベント会場などに登場したりします。

弘前市駅前のマルシェで、ドン菓子してみた  YouTube


 朝食シリアル、シスコーン、コーンフレーク、と呼ばれる食品は、牛乳をかけて手軽に朝食を済ませられることで人気があるようです。 栄養のバランスに配慮していたり、味や香り、食感を工夫して沢山の種類があります。

シリアル大辞典  日本ケロッグ
http://www.kellogg.co.jp/dictionary/


私の見ている範囲でですが、ご高齢の方がシリアル食品を好んで食べる話を聞かないように思います。 私自身も固かったり甘かったりで好んで食べる方ではありません。(多くの種類を試したわけではありませんが・・・)


ふと思ったのですが、五穀、十穀、古代米と言った穀類(豆を含む)をドン菓子にしてブレンドしたもので、牛乳や出汁、お茶をかけて手軽に和風の朝食が出来ないでしょうか? 体積を小さくするため膨張直後にローラーで適度に潰しても良いかも知れません。 味付けして、お湯や水をかけるだけで食べれる物が好まれるかもしれません。

アイディアと呼べるか判りませんが、お米の消費拡大につながれば良いのですが・・・


このブログ 水田除草 は新たな水田除草機械研究を紹介しています


追伸:
水田除草’」に転載しました。 Yahoo!ブログでは、投稿者に関連記事を紹介する機能があり、以下の記事を紹介されました。 良く調べて書かれた記事です。 
 
 旅の思い出 ポン菓子

カセットコンロやキャンプで使う、パーティー用ミニチュア・ドン菓子機があったら良いのに・・・


プロフィール
ホーム   メインテーマ




>>> 事業推進グループ <<<

秋田式水田ロボット除草機


>>> 初期試作推進企業 <<<

株式会社ダイワ



=== 協力企業様 ===

黒瀬農舎

株式会社秋田テクノデザイン

MEP株式会社

有限会社根本製作所

コーア株式会社
ブログ内 記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
内部リンク 他
---- 初 心 ----

ブログ立ち上げ

アイガモロボット


==== 提 案 ====

ブラシローラーの提案

ホバーボードの提案

歩行型ブラシローラーの提案


--- お 知 ら せ ---

最新パンフレット

取り組み履歴

報道関連記事リンク

2015 除草試験インデックス

需要調査 切望される機械

展示・説明会の様子

チラシと展示パネル

夏の実験まとめ

サイトマップ(記事一覧)

リンクはご自由に!


↓ コメント待ってま~す ↓

メールアドレス、URL、両方空欄で投稿出来ます。

内容確認後に公開します。

記事に関するコメントは原則公開

本文に非公開の意思表示があるコメントは公開しません。

詳しくは、こちら




水田除草 宛てBlogMail


--- ご了承下さい ---

注意して記事を書いていますが、記事及びリンク先の情報による不利益について、一切責任を負い(負え)ません。
Google カスタム検索
Loading

当ブログの外部リンクの内、農業関連サイトのコンテンツを横断検索します。
Twitter
更新情報+αを配信中!

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

Atsuhiro Imai

バナーを作成

  • ライブドアブログ