水田除草

水田除草に興味を持ち「ブラシローラー型水田除草ロボット」の試作と実験を行っています。   農業経験の無い素人の私が見聞きした田圃の話も書いてみます。

水田除草

開発母体を募集します

「秋田式水田ロボット除草機」の開発母体を募集しています。

yokonaga

1.秋田式水田ロボット除草機とは
ホバークラフトの原理で浮き、ブラシローラーで初期除草を行う自動走行型のロボットです。 ブラシローラーで田んぼを掻いて発芽直後の雑草を水に浮かせて枯死させることで、無農薬水稲栽培にとって最大の課題である「除草の苦労」を大幅に軽減します。 同じブラシローラの回転によって水田内を縦横斜め自在に走行して、除草を行いながらも稲へのダメージが小さいという特徴を持っています。

2.これまでの開発経緯

●2010年の農家さん聞き取り調査にはじまり、2014~2015年度は農林水産省の「攻めの農林水産業実現に向けた革新的技術緊急展開事業」(うち産学の英知を結集した革新的な技術体系の確立)に採択され、秋田県立大学の保田先生を研究代表者として研究を続けています。

●県立大学の実験圃場及び大潟村、山形県庄内地方の営農圃場で実証試験を行い、実用的な除草効果を確認しました。

●また、GPSによる自動走行試験も進めて、水田内を自動で走り回って除草を行う装置を目指しています。

●活動の様子はブログで紹介しています。
ブログ名 「水田除草」

走行の様子(動画)はこちら(youtube)をご覧ください。

最新のパンフレットはこちらからダウンロードできます。

●現在、最終年度の成果報告を進めながら来年度以降の研究資金獲得を模索しているところです。

●一方でこの2年間、ものづくり側のマンパワー不足を痛感して来ました。 今後は、仕様決定、設計、部品加工、組み立て、試験評価に必要なマンパワーと、開発を継続できる資金を確保する必要を感じています。

最速で開発と研究を進める方法は、必要な経営資源を既にお持ちの企業に開発母体となっていただくことと考えています。 私も一緒に全力で取り組みます。

国内企業の皆さん、是非ご検討をお願いします。


3.社会の課題と市場性について

無農薬米を食べたい消費者が居て、そのお米を供給する農家さんが居ます。 無農薬で栽培したお米のニーズは供給を上回っていると聞いています。 無農薬水稲栽培に取り組む農家さんにとって、最大の課題が雑草対策であることは間違いありません。

さまざまな雑草対策をかいくぐって発芽して来る草は、収量に影響しない範囲まで取り除く必要があります。

一方で高齢化の影響により田圃に入って除草作業を行い得る人材が不足し、いずれは無農薬栽培を諦めなければならないと言う農家さんもいらっしゃいます。

「この機械、早く作らねば誰も薬なしで米作れなくなる。」
「自分の息子にすら辛い除草作業をさせられない、これなら若い人も続けられるだろう。」 

6年間の取り組みの中で聞かせていただいた農家さんの声です。 少しでも早く製品をお届けしてお役に立ちたいと考えています。

既存の除草機械の販売台数及び農地資料から、市場規模は100台/年程度と考えています。

お米の消費者、生産者共に「条件が整えば購入したい(取り組みたい)」とする声があり、成長余地があると考えています。

将来的に、より小規模の田圃や中山間地で使いやすい製品を揃えることも考えます。

  今井 淳容  お問い合わせフォーム




本件、TAMA試作ネットワーク様に相談したところ、公益性が高いとの評価をいただき、以下のURLで募集案内を掲載してくれています。
URL  http://tsubasa7.com/tama/160107-2/



ブログ「水田除草」はブラシローラー型水田除草ロボット開発に挑戦しています。



この記事は「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業(うち産学の英知を結集した革新的な技術体系の確立)」に採択された「秋田式水田ロボット除草機の実用化と実証試験」に係る活動又は成果についてお知らせしています。



講演 2015年7,8月

このブログの成果か、講演依頼をいただくことがあります。 出来るだけ対応したいと考えています。

 Twitter , facebook でご案内済みですが、以下2つの講演を予定しています行いました。

(1) 平成27年度第2回 産学官交流プラザ

   2015年7月24日
   鹿角市文化の杜交流館 「コモッセ」 1F 講堂
   主催:秋田県、秋田産学官ネットワーク
   http://www.collabo-akita.net/event/event.php?eid=3113
    (リンク切れの際はご容赦ください)


(2) 秋田高専 技術研究会・共同教育研究会

   2015年8月5日
   秋田工業高等専門学校 テクノコミュニティ
   主催   秋田工業高等専門学校 地域共同テクノセンター
   http://akita-nct.coop-edu.jp/news/3122
    (リンク切れの際はご容赦ください)


このブログからパンフレットをダウンロードして主催者経由で講演を依頼してくれるケースもあります。
ブログをご覧の皆様からのご声援あってのことと感謝申し上げます。 

今後とも宜しくお願い致します。



ブログ「水田除草」はブラシローラー型水田除草ロボット開発に挑戦しています。




この記事は「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業(うち産学の英知を結集した革新的な技術体系の確立)」に採択された「秋田式水田ロボット除草機の実用化と実証試験」に係る活動又は成果についてお知らせしています。




展示: 日本雑草学会第 54 回大会

日本雑草学会 第 54 回大会 に実用機を展示します。 しました。

多くの方々に実用機をご覧いただくことが出来ました。
ポスター展示では、幾つか貴重なアドバイスを頂戴しました。
皆様、本当にありがとうございます。


     ポスター番号 P26

 日時 4/18日 11:30~17:20
     4/19日 09:30~15:00
            (内コアタイム 09:30~10:30)
 場所 秋田県立大学生物資源科学部(秋田キャンパス)
     akita_pu

詳しくは「日本雑草学会第 54 回大会プログラム」をご覧ください。 ↓
 http://wssj.jp/conference/54th/54th_program.pdf 

デモ走行はありませんが、今年の実験に使用する「実用機」を展示します。
展示する実用機は間近に迫った除草試験に向けて調整作業中のため、機構部や電子回路部分を保護するカバーを外して展示します。

ファームウェア(制御ソフト)調整中の為、電子基板の一部は展示できませんが、デモ走行等では見られない、珍しい展示になると思います。

DSC00989


パンフレットも準備して、皆様のご来場をお待ちしております。



この記事は「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業(うち産学の英知を結集した革新的な技術体系の確立)」に採択された「秋田式水田ロボット除草機の実用化と実証試験」に係る活動又は成果についてお知らせしています。



ブログ「水田除草」はブラシローラー型水田除草ロボット開発に挑戦しています。



2014 除草試験インデックス

既に除草試験が始まっているのですが委託研究の活動又は成果を公表する場合には、事前に「独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター(生研センター)」と概要を協議することになっています。 毎回協議を必要とせずにブログで公表出来る範囲を調整中の為、除草試験の様子をお知らせすることを差し控えておりました。 本日、調整が済みましたので順次お知らせします。

昨年(2013年)の除草試験の様子はこちらから
     2013 除草試験インデックス 

blog001


以下は除草試験関連記事のインデックスです。 試験中の会話の内容によっては消音状態またはフリーのBGM入りでアップロードしています。 ご了承ください。


2014 除草試験 1 動画 実音声
除草試験初日、実験開始直前の試作機です。 ホバー部とブラシそのものは昨年と同じものですが、採択が決まってから大急ぎでスイングアームと減速機を作ってもらいました。 初めて全幅のブラシローラーで除草試験が実現しました。

2014 走行試験 動画
除草試験2日目(移植後9日)に試験区の外で水深とブラシの差込深さを測定する練習をしています。

2014 除草試験 2 動画
2回目(移植9日目)の除草試験の様子です。
発電機に3kgの錘(ダンベル)を結びつけて前後バランスを改善し、後部が下がらなくなりました。 ブラシに絡む稲わらも少なく、安定して実験が出来るようになっています。

2014 除草試験 3 
3回目(移植13日目)の除草試験の様子です。 ファームウェアを小修整してスリップを増やしたつもりですが、見た目はあまり変わりません。 減速機の音がリズミカルに変化しているのですが、良い動画が撮れませんでした。

2014 除草試験 4 動画 実音声
4回目(移植16日目)の除草試験の様子です。 雨天決行です。 先生が試作機に搭載可能なビデオカメラを準備してくれました。 早速カメラを取り付けて除草開始!
 
2014 除草試験 5 動画 実音声
5回目(移植20日目)の除草試験の様子です。 保田先生のカメラを試作機に搭載して、ブラシローラー 左側面の動画をお送りします。 私自身、じっくり見たかった映像です。 

6回目(移植23日目)の除草試験の様子です。
稲がだいぶ生長しましたが、順調に除草試験を続けています。 所定の除草作業を終えてから、試作機を停止させて撮影しました。

2014 除草試験 8 
8回目(移植30日目)の除草試験の様子です。 今シーズン最後の除草試験になります。 草丈36cm、茎数17でした。

この記事は「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業(うち産学の英知を結集した革新的な技術体系の確立)」に採択された「秋田式水田ロボット除草機の実用化と実証試験」に係る活動又は成果についてお知らせしています。


ブログ「水田除草」はブラシローラー型水田除草ロボット開発に挑戦しています。




 

有機JAS水田面積ベスト10あれこれ

facebook で知った資料に別の資料を合わせて、有機JAS水田の面積について整理してみました。

使った資料は以下の3つ

 都道府県別耕地面積(エクセル:52KB)
  都道府県別耕地面積(平成23年)
 www.stat.go.jp/data/nihon/zuhyou/n0701100.xls‎


 国内における有機JASほ場の面積(平成24年4月1日現在)
 http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/pdf/24yuuki_menseki_kokunai_130208r.pdf


 国内における有機JASほ場の面積(平成21年4月1日現在)
 http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/pdf/yuuki_menseki_0904_3.pdf


平成24年の資料から
 有機JAS 水田 面積ベスト10 単位:[a]
            全国合計は 2,474,000 a

 秋 田 48,330
 宮 城 37,043
 新 潟 31,277
 山 形 30,618
 石 川 22,461
 熊 本 16,912
 福 島 16,104
 滋 賀 10,581
 北海道 10,330
 茨 城  9,595


平成24年の有機JAS面積と平成23年の水田面積から
 有機JAS 水田 比率ベスト10 単位:[%]
           全国平均は 0.13 %

 石 川 0.62
 秋 田 0.37
 宮 城 0.36
 山 形 0.32
 沖 縄 0.31
 熊 本 0.24
 滋 賀 0.22
 新 潟 0.20
 福 島 0.16
 鹿児島 0.15


平成24年と平成21年の資料から
 有機JAS 水田 増加率ベスト10 単位:[倍]
           全国平均は 1.09 倍

 沖 縄 132
 埼 玉  16.58
 山 口  10.52
 東 京   5.8
 福 岡   5.22
 石 川   2.44
 高 知   1.95
 宮 崎   1.89
 千 葉   1.82
 群 馬   1.77


平成24年と平成21年の資料から
 有機JAS 水田 減少率ベスト10 [倍]
           秋田は17位 0.94 倍(微減)

 香 川 0
 山 梨 0.11
 岐 阜 0.2
 佐 賀 0.7
 長 崎 0.71
 福 島 0.8
 福 井 0.8
 静 岡 0.82
 鳥 取 0.82
 長 野 0.9


JAS認定を受けずに無農薬無化学肥料に取り組む方や減農薬減化学肥料を含めるともっと多いとは思いますが、有機JAS米はそんなに増えていないようです。 全国平均では3年間で9%の増加ですが、20の府県で減少傾向にあります。 都市圏近県と沖縄で増加傾向にあるように思います。

以下は有機JASに限らない水田全体の数値です。

平成23年の資料から

 水田 面積ベスト10 単位:[ha]
           東北合計は 608,300 ha (国内全体の24.6%)

 北海道 224,300
 新 潟 153,900
 秋 田 130,800
 宮 城 101,900
 福 島 100,500
 茨 城  99,600
 栃 木  98,300
 山 形  96,600
 岩 手  95,000
 青 森  83,500


平成23年の資料から
 水田 率ベスト10 単位:[%]

 富 山 96.0
 滋 賀 92.1
 兵 庫 91.5
 福 井 90.7
 新 潟 88.5
 秋 田 87.1
 石 川 83.7
 香 川 82.7
 山 口 80.9
 宮 城 80.7



秋田で水田除草ロボット開発を行うことの必然性を再確認出来たと思います。

23年の資料に、24年と21年の資料を手作業で入力したエクセルファイルは以下でダウンロード出来ます。 必要な情報を並べ替えるなどしてご活用下さい。 入力ミスがあった場合はご容赦下さい。
 http://jyosou-robot.livedoor.biz/others/yuukiJAS.xls



ブログ「水田除草」はブラシローラー型水田除草ロボット開発に挑戦しています。




プロフィール
ホーム   メインテーマ




>>> 事業推進グループ <<<

秋田式水田ロボット除草機


>>> 初期試作推進企業 <<<

株式会社ダイワ



=== 協力企業様 ===

黒瀬農舎

株式会社秋田テクノデザイン

MEP株式会社

有限会社根本製作所

コーア株式会社
ブログ内 記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
内部リンク 他
---- 初 心 ----

ブログ立ち上げ

アイガモロボット


==== 提 案 ====

ブラシローラーの提案

ホバーボードの提案

歩行型ブラシローラーの提案


--- お 知 ら せ ---

最新パンフレット

取り組み履歴

報道関連記事リンク

2015 除草試験インデックス

需要調査 切望される機械

展示・説明会の様子

チラシと展示パネル

夏の実験まとめ

サイトマップ(記事一覧)

リンクはご自由に!


↓ コメント待ってま~す ↓

メールアドレス、URL、両方空欄で投稿出来ます。

内容確認後に公開します。

記事に関するコメントは原則公開

本文に非公開の意思表示があるコメントは公開しません。

詳しくは、こちら




水田除草 宛てBlogMail


--- ご了承下さい ---

注意して記事を書いていますが、記事及びリンク先の情報による不利益について、一切責任を負い(負え)ません。
Google カスタム検索
Loading

当ブログの外部リンクの内、農業関連サイトのコンテンツを横断検索します。
Twitter
更新情報+αを配信中!

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

Atsuhiro Imai

バナーを作成

  • ライブドアブログ