水田除草

水田除草に興味を持ち「ブラシローラー型水田除草ロボット」の試作と実験を行っています。   農業経験の無い素人の私が見聞きした田圃の話も書いてみます。

大潟村

展示 2015年11月

「先端農業技術 GPS 農業機械の今を知る実演会」に試作機展示、パネル展示を行います。 ました。

DSC01199-1

短時間の展示にも関わらず50名を超える方々が訪れてくれて、多数の質問と激励を頂きました。 ありがとうございます。 (2015.11.09 追記)


   先端農業技術 GPS 農業機械の今を知る実演会

   主催  大潟村、大潟村農業協同組合
   日時  平成27年11月 9日(月曜日) 13:00~15:30
   場所  秋田県立大学フィールド教育研究センター


ロボット除草機実演(走行)はありませんが、実機とパネルを展示します。


<<< 開催案内 >>>

大潟村公式ホームページ
先端農業技術GPS農業機械の今を知る実演会のお知らせ 
http://www.ogata.or.jp/upload/content1/1_4115_66.pdf

農業食料工学会 東北支部
GPS農機実演会のお知らせ 
http://tohoku.j-sam.org/wordpress/wp-content/uploads/2015/GPS.pdf



パネル展示(大潟村)
 


ロボット除草機は、今年度最後の展示になる予定です。

皆様のご来場をお待ちしております。
 



ブログ「水田除草」はブラシローラー型水田除草ロボット開発に挑戦しています。



この記事は「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業(うち産学の英知を結集した革新的な技術体系の確立)」に採択された「秋田式水田ロボット除草機の実用化と実証試験」に係る活動又は成果についてお知らせしています。

 
 

展示 フィールド開放デー

県立大学大潟キャンパスフィールド教育研究センター開放デー
に試作機を展示しました。

展示の様子はこちら → フィールド開放デー展示の様子 

 日時  2013年7月13日(土) 9:30~15:30
 場所  秋田県立大学大潟キャンパス
            フィールド教育研究センター

 短角牛などの生産物の試食もあるそうです。

 詳しくはこちら
 http://www.akita-pu.ac.jp/bioresource/F-CENTER/news/news13/kaihou20130713.pdf


試作機とパネルの展示を予定しています。(2013/07/12 一部削除)
試作機は14:30予定の試験走行でご覧下さい。(2013/07/12 追記)

VTR3


稲が成長して田圃を走行できない為、走行試験が可能かどうか検討中のようです。 走行試験については解り次第お知らせしたいと思います。 (2013/07/01 削除)

直播圃場の一部で14:30頃から試験走行の予定です。 ただし、稲を植えていない部分を走るそうです。 (2013/07/01 追記)

皆様のご来場をお待ちしています。



ブログ「水田除草」はブラシローラー型水田除草ロボット開発に挑戦しています。




除草期間の実験を最優先に

 「ブラシ駆動部の負荷試験2」に書いた、タイミングベルトの歯飛び対策は、実験と部品手配を要し、時間がかかりそうです。 間に合わせの対応で済ませた結果、除草期間中に修理や改修を要するようでは実験に支障をきたします。 ブラシローラー型水田除草ロボットの最重要部品ですから、急ぎながらも丁寧に対策します。 

既に5月に入ってしまったので除草期間の実験を最優先に考え、6月過ぎに実現しても構わないような製作作業を大胆に削って、とにかく実験可能な試作機にまとめます。 この先も多少の問題が発生するかも知れないので、GW中も部品加工を進めて時間を稼ぎます。

そんな訳で、発電機を前後にスライドさせる機構と、ブラシローラーを上げ下げする機構は手動で調整することにして、6月の実験終了後に電動(自動調整)部分を製作します。 また、ラジコンに代えて電線でつながったリモコンにします。 試作機本体の外観は概ね計画通りに見えると思いますが、手動調整とリモコンの都合で除草作業の面積は小さくせざるを得ないと思います。

ホバー2斜め


以上のように腹を決め、目先は欲張らずに堅実に実験データを得られるように注意を払います。

facebook等で大潟村の農作業の様子を知ることが出来ます。 焦ります!


ブログ「水田除草」はブラシローラー型水田除草ロボットの開発に挑戦中です。



田圃の車道(砂利道)

 大潟村は広大な水田地帯です。 ソーラーカーレースも有名です。 両側に続く桜も見事な総延長11kmの菜の花ロードなど舗装された幹線道路は勿論、田圃にお邪魔する時に走る道路も長い直線が続きます。

 観光のご案内|大潟村公式ホームページ
 http://www.ogata.or.jp/sightseeing/spot.html

 大潟村の観光スポット
 http://member.ogata.or.jp/ver_2/maps/maps.htm

左に水口に供給する用水路の土手、右側に広がる田圃を見ながら直線が続く砂利道を走っていると、遠くに対向車が見えます。 しかも右側通行! まだ遠くで衝突の危険は無いものの、「ここは右側通行ルールなの?」 と混乱し始めます。 100m程に近づくと左に寄って無事にすれ違います。

何度か経験している内に田圃から離れて走っているんだと気付きます。 タイヤで跳ね上げた小石が田圃に入らないようにと言う配慮です。 以来、私も田圃から離れて通行しています。

田植えの季節は田圃の脇に積まれた苗に小石が入り込んだりすると、田植え機の故障に繋がるそうです。 苗を摘む爪に小石を挟むと苗を植えられなくなり、作業を中止して小石を取り除くと聞きました。 季節を問わず田圃の横を通る時には気を付けてあげたいものです。


ブログ、水田除草はブラシローラー型水田除草システムの開発に挑戦しています

大潟村の有機JAS米

 昨年、大潟村の農家さんから全国の有機米に占める大潟村産の比率がとても大きいと教えて貰って、調べて見ました。 平成18年度について、大潟村の資料が見つかったので、同年度の農林水産省の資料と合わせて見ると、なんと有機JAS米の三分の一、33%が大潟村産でした。

農林水産省 平成18年度 認定事業者に係る格付け実績
http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/pdf/yuuki_jisseki_f.pdf
国内で格付された米 10,811t  [Web魚拓] 

大潟村農業の紹介 P13 環境保全型農法の実施
http://www.ogata.or.jp/outline/pdf/ogatanogyo.pdf
JAS有機栽培 663ha (作付面積比9.5%) [Web魚拓] 
10a当たりの収量を全国平均の600kgの1割引540kgと仮定すると
生産量は 3,580t (663 x 5.4)

先の全国の有機JAS米と比較すると33.1%に当たります。

  同じ資料で有機を含む無農薬の作付面積比は11.2%
  何らかの減農薬栽培を含めると作付面積比は71.5%

調べて見ると大潟村だけでなく県内あちこちに有機米、特別栽培米生産農家の方がいらっしゃいます。

ブラシローラー型水田除草ロボットの開発は秋田県に地の利あり!

SBCA0108























”水田除草”はブラシローラーを使った水田除草装置の開発に取り組むブログです。

プロフィール
ホーム   メインテーマ




>>> 事業推進グループ <<<

秋田式水田ロボット除草機


>>> 初期試作推進企業 <<<

株式会社ダイワ



=== 協力企業様 ===

黒瀬農舎

株式会社秋田テクノデザイン

MEP株式会社

有限会社根本製作所

コーア株式会社
ブログ内 記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
内部リンク 他
---- 初 心 ----

ブログ立ち上げ

アイガモロボット


==== 提 案 ====

ブラシローラーの提案

ホバーボードの提案

歩行型ブラシローラーの提案


--- お 知 ら せ ---

最新パンフレット

取り組み履歴

報道関連記事リンク

2015 除草試験インデックス

需要調査 切望される機械

展示・説明会の様子

チラシと展示パネル

夏の実験まとめ

サイトマップ(記事一覧)

リンクはご自由に!


↓ コメント待ってま~す ↓

メールアドレス、URL、両方空欄で投稿出来ます。

内容確認後に公開します。

記事に関するコメントは原則公開

本文に非公開の意思表示があるコメントは公開しません。

詳しくは、こちら




水田除草 宛てBlogMail


--- ご了承下さい ---

注意して記事を書いていますが、記事及びリンク先の情報による不利益について、一切責任を負い(負え)ません。
Google カスタム検索
Loading

当ブログの外部リンクの内、農業関連サイトのコンテンツを横断検索します。
Twitter
更新情報+αを配信中!

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

Atsuhiro Imai

バナーを作成

  • ライブドアブログ