水田除草

水田除草に興味を持ち「ブラシローラー型水田除草ロボット」の試作と実験を行っています。   農業経験の無い素人の私が見聞きした田圃の話も書いてみます。

アイディア

条に対して45度

除草試験のため、ラジコン操作をしていると稲列(条)に沿って起伏があるように感じることがあります。 条に沿って残草が見られる所もあります。 目視で走らせる以上、稲列(条)がたよりですから、往路復路の間に走行していない場所があるからかも知れません。

一方で田植え機等の走行跡が轍状になっている可能性を考えれば、稲列(条)に対して平行または直角に走行するだけでなく、斜めに走らせての除草試験もしてみたいと思います。 斜めの場合、目視でムラ無く走らせることが困難なので、自律走行が必須条件です。

ブラシローラーと言え、旋回場所では稲のダメージが認められます。 ブラシローラーを前にして走行する方が安定しますが、逆向きにも走れますからスイッチバックによって稲に対するダメージを抑えられるように思います。 

RTK-GPSの自律走行試験を行いながら、下図のように条に対して45度斜めに除草していみたいと考えています。

45deg
 
条に沿って走る機会が少ない方が、株元の除草効果が高まるように思います。

週に2回の除草であれば、1回目を上図のように除草し、2回目は上図に対して直角方向に除草するという具合に交互に走行すれば、もう少し除草効果が高まるのではないかと期待しています。




ブログ「水田除草」はブラシローラー型水田除草ロボット開発に挑戦しています。



この記事は「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業(うち産学の英知を結集した革新的な技術体系の確立)」に採択された「秋田式水田ロボット除草機の実用化と実証試験」に係る活動又は成果についてお知らせしています。


 
 

ブラシローラー型散布ロボット

 先日、県立大学でチラシを見たと言って、訪ねて来てくれた方がいらっしゃいました。 ありがとうございます。
「これから人に会うので10枚程分けてほしい」とおっしゃるのでチラシをお渡ししました。

除草剤を使っている農家さんで、除草剤を撒ければ使ってみたいとおっしゃいます。 プロペラで推進するラジコン・ホバークラフトがあるが、ブラシローラーが魅力的だと言って田圃の話をしてくれました。 除草剤散布が目的であれば、今年の試作機のように2個のブラシローラーだけで十分なように思います。 ブラシローラーを減らすことで総重量を抑え、代わりに散布機を搭載出来ると思います。 散布用なら現行試作機動画より速く走れる方が喜ばれそうです。

VTR2


粒剤を散布する際に泥カナに粒剤が乗ってしまって除草効果が得られなかったと今年の失敗談を語ってくれました。 「泥カナ」(表層剥離)を沈める効果もありそうだと期待してくれています。 ホバーボードとブラシローラーの間から粒剤を散布すれば泥カナを避けて散布出来るように思います。

除草剤散布作業は除草作業に比べると走行頻度が低く、レンタルや散布サービスを受けるような形になるのかも知れませんが、無農薬農家さん以外にもニーズがあるならば製造数も増えてコストダウンにつながるように思います。

聞取り調査などを行って、ニーズを探りたいと思います。



ブログ「水田除草」はブラシローラー型水田除草ロボット開発に挑戦しています。




一休み: すわれーる

 もう何年も前の話ですが、携帯型正座補助椅子「すわれーる」を創作しました。

携帯に便利な折りたたみ式で、高さ調整も出来て正座の苦痛を和らげる製品です。 折りたためば、背広の内ポケットに入ります。 チョット席を立つ時には折りたたんで座布団の下に隠せる。 使用中も目立たない。 法事や習い事の他、座敷の忘年会にも便利と好評です。

DSC00657-3

詳しくは販売元のページをご覧ください。

  正座補助椅子「すわれーる」
  http://www.palcom.ne.jp/suwareru/suwareru.htm

特に高さ調整機構をどう実現するか、議論したことを懐かしく思い出します。 電気仕掛け、制御など無用の開発でしたが勉強に成りました。

発売当時、沢山のメールや葉書を頂きました。
 ・ ギックリ腰で忘年会用に購入、誰にも気づかれなかった。
 ・ 習い事に使って重宝しています。
 ・ お花見に使って助かりました。 これからも良い品を作って下さい。
 ・ お琴の演奏時、幕が開くまで使っています。
   開幕直前、座布団の下に仕舞います。

ブログで紹介してくれる方もいらっしゃいます。 ありがとうございます。

  これな~んだ?正座の救世主『すわれーる』!
  裏地桂子のハッピーブログ「お福分け」-グラムブログ-
  http://tinyurl.com/7lbns9t  ←元のURLがあまりに長いのでTinyURLで短縮しました。

商品開発は止められません!
経験を生かして無農薬水田で活躍する除草ロボット開発に努めます。


水田除草はブラシローラー型水田除草装置の開発を紹介するブログです。



少量資材散布機能(オプション)

 Webで探すと抑草や防虫手段として木酢液を散布する農家さんもいらっしゃるようです。 最近のページには稲に直接散布する記事が少ない一方、「有機JAS適合資材」を謳う木酢液があったりします。

  旨いお米は新潟にあり  (代掻き時に流し込むようです)
  http://enb-mai.com/rireki.html


米糠などの有機資材は沢山播く必要があるようなので、非力な「ブラシローラー型水田除草ロボット」には積めそうもありません。 せいぜい積めて5kg程度だと思います。

木酢液2.5L/10a程度なら1往復する毎に資材を注ぎ足して貰えれば「ブラシローラー型水田除草ロボット」で除草しながら散布出来るように思います。 米糠などの有機資材も3日に一度(除草の都度)、少しずつ追加散布することで(手間に見合った)メリットがあるなら使えるかも知れません。

もっとも、不要な機能でコスト高にする訳に行きませんから、オプションです。

農家さんの御意見を聞いて必要そうなら検討したいと思います。

ホバー斜













「水田除草」ブログは新型水田除草装置開発の様子を紹介しています




田植え前の除草

 「この機械は田植え前に走らせれば良いのでは?」、「2回でも3回でも走らせれば良い」そう教えてくれた農家さんがいらっしゃいます。

水口から雑草の種が流入?」にも書いた2回代掻きの時に使うと言うアイディアです。 最初の代掻き後に発芽した雑草を、2回目の代掻きで埋め込んでしまうわけですが、軽量、省エネルギーで先端の深さを浅く管理できるブラシローラー型水田除草ロボットがお役に立てるように思います。

表面の浅い範囲を引っ掻き回すだけなので均平度に与える影響が少ない、逆に言うと均平度の修正が出来ないように思います。 また代掻きの時に水位を上げる必要がありそうですが・・・農業のプロフェショナルが言うんだからメリットがあるんだと思います。

ブラシローラー型水田除草ロボットで、稲の間の雑草を取ることしか頭に無い私には、初め「使い物に成らない、どうしても作りたいなら」と冷やかし半分慰められたのかと思いました。 直接、農家さんの話を聞く機会を得て本当に良かったと思います。

こちらはウィングハローを使った代掻きの様子!
変身ロボットの様なカッコいいマシンです。

代掻き@あさしな TANBO of BBT



ブログ「水田除草」は新型水田除草ロボット開発の取り組みを紹介しています

プロフィール
ホーム   メインテーマ




>>> 事業推進グループ <<<

秋田式水田ロボット除草機


>>> 初期試作推進企業 <<<

株式会社ダイワ



=== 協力企業様 ===

黒瀬農舎

株式会社秋田テクノデザイン

MEP株式会社

有限会社根本製作所

コーア株式会社
ブログ内 記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
内部リンク 他
---- 初 心 ----

ブログ立ち上げ

アイガモロボット


==== 提 案 ====

ブラシローラーの提案

ホバーボードの提案

歩行型ブラシローラーの提案


--- お 知 ら せ ---

最新パンフレット

取り組み履歴

報道関連記事リンク

2015 除草試験インデックス

需要調査 切望される機械

展示・説明会の様子

チラシと展示パネル

夏の実験まとめ

サイトマップ(記事一覧)

リンクはご自由に!


↓ コメント待ってま~す ↓

メールアドレス、URL、両方空欄で投稿出来ます。

内容確認後に公開します。

記事に関するコメントは原則公開

本文に非公開の意思表示があるコメントは公開しません。

詳しくは、こちら




水田除草 宛てBlogMail


--- ご了承下さい ---

注意して記事を書いていますが、記事及びリンク先の情報による不利益について、一切責任を負い(負え)ません。
Google カスタム検索
Loading

当ブログの外部リンクの内、農業関連サイトのコンテンツを横断検索します。
Twitter
更新情報+αを配信中!

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

Atsuhiro Imai

バナーを作成

  • ライブドアブログ